美容外科の謎に迫る女性の為のサイト 「美容外科WEB」20周年!

美容外科なら美容外科WEB
美容外科WEBトップ美容外科医院集美容外科Q&A美容外科体験者の声美容外科用語集美容外科WEBニュース美容外科について美容外科特集
 

美容外科WEB美容外科Q&A一覧●手術部位  左目左下●手術…

美容外科Q&A

美容整形・美容外科Q&A


●手術部位  左目左下
●手術部位  左目左下
●何の手術か レーザー
●手術日 12月ごろから2.3週間に一度 
●医院の選び方 地元の評判の良さ
●仕上がりへの満足度 分からない
●感想 左目の下に五ミリ程度のシミの固まりがありレーザー治療を受けましたがそのたびに一週間程度で剥離し一旦白くはなるのですが、しばらくすると以前より色が濃くなってひどくなっているように思います。医師はシミが深いところまであるので数回のレーザー治療が必要と申しますが本当に綺麗に完治するのかが不安です。どうぞご回答よろしくお願いいたします。
(大阪府/34歳/女性/会社員/155cm/44kg)

シミにも色々な種類があります。実際に拝見しなければなりませんが、肝斑というクスミが考えられません。その場合は、飲み薬や塗り薬を使う必要があります。また、扁平母斑というアザであれば、繰り返しレーザー治療を行う必要があります。一度、セカンドオピニオンを得るために別の先生の意見も聞かれてはいかがでしょうか。
シミにも色々な種類があります。実際に拝見しなければなりませんが、肝斑というクスミが考えられません。その場合は、飲み薬や塗り薬を使う必要があります。また、扁平母斑というアザであれば、繰り返しレーザー治療を行う必要があります。一度、セカンドオピニオンを得るために別の先生の意見も聞かれてはいかがでしょうか。

シミの治療といえばすぐに連想されるのはレーザー治療と光治療ですが、25歳以降の女性の場合では安易にレーザー治療や光治療を受けると1ヵ月すぎからさらに目立つ色素沈着となります。極論をいえば、レーザー・光治療のみで改善する症例とレーザー・光治療で悪化する症例があります。この原因を数多くの経験と研究から分析することで、一つの治療法にこだわると無理が生ずることがわかりました。治療は、シミ用のビタミンCイオン導入と内服薬にレーザーあるいはメディラックス・プラスを併用し、3カ月間かけて治療を行うときれいになります。
シミの治療といえばすぐに連想されるのはレーザー治療と光治療ですが、25歳以降の女性の場合では安易にレーザー治療や光治療を受けると1ヵ月すぎからさらに目立つ色素沈着となります。極論をいえば、レーザー・光治療のみで改善する症例とレーザー・光治療で悪化する症例があります。この原因を数多くの経験と研究から分析することで、一つの治療法にこだわると無理が生ずることがわかりました。治療は、シミ用のビタミンCイオン導入と内服薬にレーザーあるいはメディラックス・プラスを併用し、3カ月間かけて治療を行うときれいになります。

左目の目の下のシミにつきましては、肝斑と呼ばれるものがもっとも考えられます。この場合レーザーでの治療をするごとに色が濃くなってしまう可能性がございます。これにつきましては、レチノイン酸、ハイドロキノンなどの軟膏治療やビタミン導入などの治療が主体となります。また、肝斑に老人性の色素斑が合併している事もあり、これらの事を正確に判断できるクリニックを選択されるのが得策だと思います。また真皮メラノサイトーシスと呼ばれるアザのこともございますので、注意が必要です。
左目の目の下のシミにつきましては、肝斑と呼ばれるものがもっとも考えられます。この場合レーザーでの治療をするごとに色が濃くなってしまう可能性がございます。これにつきましては、レチノイン酸、ハイドロキノンなどの軟膏治療やビタミン導入などの治療が主体となります。また、肝斑に老人性の色素斑が合併している事もあり、これらの事を正確に判断できるクリニックを選択されるのが得策だと思います。また真皮メラノサイトーシスと呼ばれるアザのこともございますので、注意が必要です。

いわゆるシミと呼ばれる中に、肝斑と言われるものがあります。この肝斑の場合、レーザー治療に非常に抵抗性があり、ご質問のようにすぐに再発するケースが度々見られます。数回治療を行ってすぐに元に戻るものや色が濃くなる場合には、肝斑の可能性が高いと思われます。この様な場合は、レーザ治療より外用剤などの治療を行った方がリスクが少なく、色調をコントロールできる可能性が高いと思います。しかしながら、肝斑の場合、治療が困難であるのは間違いがありませんので、気長な治療が必要になります。
いわゆるシミと呼ばれる中に、肝斑と言われるものがあります。この肝斑の場合、レーザー治療に非常に抵抗性があり、ご質問のようにすぐに再発するケースが度々見られます。数回治療を行ってすぐに元に戻るものや色が濃くなる場合には、肝斑の可能性が高いと思われます。この様な場合は、レーザ治療より外用剤などの治療を行った方がリスクが少なく、色調をコントロールできる可能性が高いと思います。しかしながら、肝斑の場合、治療が困難であるのは間違いがありませんので、気長な治療が必要になります。

レーザー治療で1週間程度で剥離しているなら色素用のレーザーだと思いますが、以前より濃くなったのはレーザーそのものによる反応で、一時的な色素沈着が考えられます。この場合は3〜4ヶ月で薄くなってきますので再度のレーザーの照射はしない方がいいと思います。また、シミは再発しやすいのでハイドロキノンまたはコウジ酸などのクリームの外用を薦めます。シミの種類に肝斑というのがあってこれはレーザーが効きません。かえって濃くなる場合があります。この場合はトランサミン、ビタミンCなどの内服を薦めます。
レーザー治療で1週間程度で剥離しているなら色素用のレーザーだと思いますが、以前より濃くなったのはレーザーそのものによる反応で、一時的な色素沈着が考えられます。この場合は3〜4ヶ月で薄くなってきますので再度のレーザーの照射はしない方がいいと思います。また、シミは再発しやすいのでハイドロキノンまたはコウジ酸などのクリームの外用を薦めます。シミの種類に肝斑というのがあってこれはレーザーが効きません。かえって濃くなる場合があります。この場合はトランサミン、ビタミンCなどの内服を薦めます。


をもっと見る

美容外科Q&A一覧
隆鼻術Q&A
小鼻縮小Q&A
プロテーゼQ&A
二重Q&A
埋没法Q&A
目頭切開Q&A
豊胸Q&A
脂肪注入Q&A
陥没乳頭Q&A
脂肪吸引Q&A
セルライトQ&A
メソセラピーQ&A
ヒアルロン酸Q&A
ピーリングQ&A
しわQ&A
婦人科Q&A
妊娠線Q&A
わきがQ&A
多汗症Q&A
腋臭Q&A
脱毛Q&A
レーザー脱毛Q&A
しみQ&A
あざQ&A
ほくろQ&A
審美歯科Q&A
インプラントQ&A
歯並びQ&A
アフターフォローQ&A
術後Q&A
にきびQ&A
刺青除去Q&A
傷Q&A

美容外科Q&A

美容外科なら美容外科WEB
豊胸手術の正しい知識
美容外科Q&A
美容外科医院集美容外科Q&A美容外科Q&A美容外科Q&A【新規登録】美容外科Q&A【登録内容変更】
美容外科体験者の声
美容外科用語集
美容外科について
美容外科特集
スマイルベビー水
美容外科WEBアンケート
美容外科WEBニュース
美容外科WEBメールマガジン
美容外科WEBパブリシティ

美容外科Q&Aビックアップ
美容外科Q&Aで質問が項目です。

プチ整形/小鼻縮小/顔
二重/目頭切開/埋没法
豊胸/陥没乳頭/脂肪注入
脂肪吸引
多汗症/わきが/腋臭
しみ/あざ/ほくろ
婦人科
たるみ/フェイスリフト/若返り
脱毛/レーザー脱毛/医療脱毛
インプラント/審美歯科/歯並び
術後/アフターフォロー
ピアス/にきび/その他
 


美容外科なら美容外科WEB美容外科医院集美容外科Q&A美容外科体験者の声美容外科特集美容外科特集 豊胸手術美容外科特集 脂肪 吸引の謎美容外科特集 フェイスリフト
美容外科用語集美容外科について美容外科WEB 広告掲載 について美容外科:美容外科WEBサイトマップ美容外科WEBリンクについて美容外科ニュース
 
プチ整形・小鼻縮小・顔二重・目頭切開・埋没法豊胸・陥没乳頭・脂肪注入脂肪吸引多汗症・わきが・腋臭しみ・あざ・ほくろ婦人科「たるみ・フェイスリフト・若返り
脱毛・レーザー脱毛・医療脱毛インプラント・審美歯科・歯並び術後・アフターフォローピアス・にきび・その他
 
美容外科なら美容外科WEB
ホームページ制作 福岡なら成功に導くペンシル! プライバシーポリシー 美容外科WEBおすすめリンク
 
(c)Copyright Pencil Co., Ltd. 1997- All rights reserved.
お問い合わせは info@kirei.com